東京都入札参加資格申請なら、横内行政書士法務事務所へ。電子証明書取得~パソコン設定~電子申請代行~書類郵送を一括サポート。

【物品販売.役務の提供.公共工事.全省庁統一資格.都内区市町村】

東京都入札参加資格申請

     東京都入札参加資格申請精通した行政書士事務所です!

     〒112-0002  東京都文京区小石川1-3-23  ル・ビジュー601

営業時間

9:00~18:00
(土日祝を除く)

臨時対応

休日対応いたします。
事前にご連絡下さい。

ご依頼者さま
専用ダイヤル

03-6912-1255

入札参加資格を取得したいとお考えの方へ!

・役所の人から、入札参加資格を持つように言われている!
・なぜか自分が、社内の入札資格担当になってしまった!
・販路の拡大のため、役所の仕事も引き受けたい!!

御社は、どのような理由で、入札参加資格を取得したいとお考えですか?

会社の代表者様であれば、入札に参加して、役所の仕事も引き受けたいとお考えの方もいるでしょう。なぜか、自分が社内の入札参加資格担当に抜擢され、何から始めればよいかわからなくて困っている方もいるのではないでしょうか?また、役所から入札資格を持っておいてくださいとお願いされている事業者様も多くいらっしゃいます。

入札参加資格を取得する理由はともあれ、一口に入札参加資格を取得するといっても「じゃあ、どうすれば良いの?」といったところが本音ではないでしょうか?

初めての方へ。

・どこの入札に参加したいのですか?
・工事ですか?物品ですか?役務ですか?
・いつまでに入札に参加したいのですか?
・営業種目、品目は決まってますか?

では、初めての方は何からすればよいのでしょうか?

どこの入札に参加したいか決めてください。

例えば、東京都の入札に参加するのであれば、「東京都電子調達システム」への登録が必要です。新宿区や中野区といった区市町村への入札であれば、東京都とは別に、「共同運営電子調達システム」があります。

さらに、防衛省の入札、参議院の入札といった官庁への入札であれば、「全省庁統一資格」を取得することになります。

工事ですか?物品ですか?役務ですか?

もし仮に、御社が公共工事への入札を希望しているならば、建設業の許可を取得したうえで、経営状況分析や経営事項審査を受けなければなりません。

一方で、物品や役務の提供であっても、例えば「警備業」のように申請時に営業の許可を取得していなければならない業務もあります。

公共工事への入札を希望しているのか?物品・役務への入札を希望しているのかによって手続きが異なります。

いつまでに入札に参加したいですか?

例えば、東京都への入札であれば、2年に1度の定期受付があり、その定期受付に申し込めば、2年間は有効な入札参加資格を持つことができます。これが、全省庁統一資格であれば、定期受付は3年に1度です。

一方で、同じ東京都であっても区市町村には「定期受付」といった申請方法はなく、常に随時受付で申請することになります。

2年なのか、3年なのか、更新時期はいつなのか?把握がとても難しいですね。

営業種目、取扱品目は決まってますか?

例えば、御社の強みが「文房具事務用品・図書」の販売だとしても、「文房具事務用品・図書」という営業種目の中には、さらに「文房具」「用紙類」「封筒」・・・などといったように細かな取扱品目に分かれています。

これは、公共工事の入札参加資格を取得しようと思った時も一緒で、例えば「内装工事」の許可を持っていたとしても、内装工事の中で「畳の表替工事」なのか「ガラスの飛散防止工事」なのか細かく分かれています。

横内行政書士法務事務所なら

・物品/工事の両方の入札参加資格申請に精通しています。
・電子証明書の取得手続きからサポートいたします。
・公共工事の入札について、豊富な実績があります。

横内行政書士法務事務所なら、上記の項目をお客様から丁寧にヒアリングし、入札参加資格の代理申請を行うことができます。

また、パソコン上で「行政書士への委任手続き」を行うことによって、「必要事項の入力」から「必要書類の郵送」、「承認・非承認の結果確認」まで、一括して管理いたします。

そのため、ご自身で手続きを行うよりも御社が負担する作業量は、3分の1以下になります。

 

【サービス一覧】

電子証明書・ICカードリーダの取得申し込み
パソコンの設定
必要事項の入力・代理送信
必要書類の収集・郵送
承認・非承認の結果確認
次回更新までのスケジュール管理

 

お問い合わせの前にご確認していただきたいこと

まずは、下記の点をお客様の方でご確認してください。

  1. 電子証明書はお持ちですか?
  2. 電子証明書をご自身で用意することはできますか?
  3. パソコンの設定をご自身ですることはできそうですか?
  4. 後日、面談をいたしますが、ご都合の良い日時はありますか?

料金表

相談料
相談料(面談形式:1時間)10,000円
相談料(メール形式:1件)

5,000円

事前準備
電子証明書・ICカードリーダー申請30,000円
パソコンの設定(日当)20,000円
入札参加資格代理申請
工事100,000円
物品100,000円
全省庁統一資格80,000円

書籍出版のご案内

今だからこそ見て欲しい!!
「絶対!役に立つ!」ノウハウ動画

YouTubeチャンネルでの手続き解説

横内行政書士法務事務所では、「行政書士横内賢郎×YouTube×手続き解説=横内ゼミ」と題して、YouTubeチャンネルを開設しています。

この「横内ゼミ」(YouTubeチャンネル)では、東京都入札参加資格申請については、もちろんのこと、全省庁統一資格を申請する際のポイントや注意点など、これから入札を始めようとしている会社が必要とする様々な手続きについて、解説しています。

ぜひ、視聴してみてください。

初回相談料について

東京都の入札参加資格申請について
「もっと理解を深めたい!!」という方は
下記の3つを、お勧めします。

1.【動画】入札参加資格申請解説

横内行政書士法務事務所の専門業務である入札参加資格申請について、26本の動画にまとめました。どの動画も1分程度で視聴できます。すべて閲覧して頂いても30分程度です。ぜひ、閲覧してみてください。

2.【メール講座】東京都入札参加資格申請

東京都の入札参加資格を申請するには、どうすればよいか?について、知識が全くない人のために、3日間の無料メール講座を用意しました。手引きを読むことが面倒くさい!手っ取り早く全体を理解したい!という方にお勧めのメール講座です。

3.【メール講座】全省庁統一資格申請

東京都の入札参加資格を取得したら、次は、国の機関(全省庁)への入札を検討してみてはいかがでしょうか?東京都と国では、入札のルールやシステムがまったく異なります。このメール講座では、たったの4日間で、全省庁入札への道を解説いたします。

3.【メール講座】経営事項審査

「物品・委託・役務の提供」と異なり、「公共工事」の入札に参加するには、経営事項審査を受けなければなりません。このメール講座では、経営事項審査について、簡単に分かりやすく解説しています。これから公共工事の入札を検討している方にお勧めです。

弊所にお越しの方はこちら

東京都文京区小石川1-3-23ル・ビジュー601

①建物の外観

弊所が入っている「ル・ビジュー」の外観です。この建物の601号室です。

②出入口

ル・ビジューの出入り口です。出入口が外部から見えにくいところにあります。

③緑の扉

緑色の鉄格子の扉の中に入って、インターホンを押してください。

地図

〒112-0002
東京都文京区小石川1-3-23
ル・ビジュー601

グーグルマップはこちら

お問い合わせはこちら

入札参加資格申請の専門家として、建通新聞に記事が掲載されました。

メール講座

経営事項信施メール講座