東京都入札参加資格申請なら、横内行政書士法務事務所へ。電子証明書取得~パソコン設定~電子申請代行~書類郵送を一括サポート。

【物品販売.役務の提供.公共工事.全省庁統一資格.都内区市町村】

東京都入札参加資格申請

     東京都入札参加資格申請精通した行政書士事務所です!

     〒112-0002  東京都文京区小石川1-3-23  ル・ビジュー601

営業時間

9:00~18:00
(土日祝を除く)

臨時対応

休日対応いたします。
事前にご連絡下さい。

ご依頼者さま
専用ダイヤル

03-6912-1255

東京都入札参加資格申請でお困りの方へ

このページでは、「東京都入札参加資格申請でお困りの方へ」と題して、東京都入札参加資格申請の「手続きの流れ」「注意点」「横内行政書士法務事務所に依頼するメリット」を全3回にわたって、動画収録したものを掲載しています。

というかたは、ぜひ、第1部~第3部の動画と説明文を参考にしてみてください。

1.東京都入札参加資格申請_手続きの流れ

はい。行政書士の横内です。この動画ではですね、全3回にわたって、東京都の入札参加資格申請について、解説させていただきます。

1回目はですね。東京都の入札参加資格申請の手続きの流れについて、わかりやすく解説させていただきます。手続きについては、ほかの動画でも、このホームページ上でもかなり詳しく解説しているので、もうすでにご存じの方も多いと思うのですが、初めての方のために改めて、解説したいと思います。

1.電子証明書+ICカードリーダの購入

まず、東京都の入札参加資格の申請は、電子申請のため、電子証明書+ICカードリーダを購入していただく必要があります。この電子証明書とICカードリーダがないと、東京都の入札参加資格を申請することができません。

この電子証明書とICカードリーダは、電子入札コアシステム対応の民間認証局から購入していただくことになります。グーグルで検索していただければ、出てくるんですが、例えば、日本電子認証(株)とか(株)NTTネオメイトとか(株)帝国データバンクなどといった会社があります。

購入費用であるとか、購入するために必要な書類、購入方法などは、民間認証局によって違うので、詳細が気になる方は、各民間認証局のホームページを参考にしてみてください。これが1個目です。

2.パソコンの設定

電子証明書・ICカードリーダを購入したら、パソコンの設定が必要になります。このパソコンの設定については、2段階あると思ってください。

まず1段階目は、購入した電子証明書・ICカードリーダがきちんと御社のパソコンで機能するための設定・動作確認が必要になります。これは当たり前ですよね。システムをインストールしたりして、購入した電子証明書・ICカードリーダをキチンと使えるようにするための設定ですよね。 

次に2段階目は、東京都電子調達システムを利用するための環境設定が必要になります。東京都の入札は、東京都電子調達システムといったシステムを利用して行うのですが、東京都電子調達システムを利用するためには、Windowsのパソコンが必要で、Macだと対応していません。その他にも、インターネットエクスプローラーが必要で、グーグルクロームやエッジでは対応していません。

それと同じように、パソコン上、東京都電子調達システムが使えるように、「信頼済みサイトへの登録」や「ポップアップブロックの例外設定」「互換表示の設定」など、を行わなければなりません。

この設定を行わないと、東京都電子調達システムにログインして、電子申請を行うことができません。

3.入力作業+電子申請

パソコンの設定が終わったら、東京都電子調達システムにログインをしていただいて、入力画面から、御社の情報を入力をしていただいて、電子申請を行うことになります。入力画面に入力することっていうのは、例えば、御社が取得したい入札資格の種類ですよね。「広告代理」「情報処理業務」「防災用品」「医療品・介護用品」とか。過去の実績や売上高、従業員の人数など多岐にわたります。

この部分については、手引きとにらめっこをしながら、間違いのないように、1つ1つ丁寧に入力しなければなりません。地道な作業です。

4.必要書類の郵送

入力・申請が終わったら必要書類の郵送ということで、手引きに記載のある、貸借対照表、損益計算書、個別注記表もしくは法人事業概況説明書、履歴事項全部証明書をまとめて、東京都財務局の経理部契約課に郵送することになります。 

ここまでやって、入札参加資格の申請が完了します。不備がなければ、申請後、1~2週間程度で、申請が承認されます。申請が承認されると「受付票」をプリントアウトすることができるようになります。

ただ、受付票がプリントアウトできるようになったからと言って、資格適用になったわけではなく、資格適用は、翌月の1日~もしくは翌々月の1日~といったスケジュールになります。資格適用になると、「結果通知書」をプリントアウトできるようになります。 

以上が手続きの流れです。

2.東京都入札参加資格申請_注意点

手続きの流れについては、前の動画で説明させていただきました。手続きの流れについて知りたいという方は、このYouTube動画の概要欄にリンクを貼っておきましたので、ぜひ、そちらも確認してみてください。

この動画では注意点を説明させていただきます。

1.電子証明書の取得に1週間~10日程度

まず、1点目が、電子証明書・ICカードリーダは、御社の備品として購入していただくものなんですけど、取得には、1週間程度かかりますっていうことなんですね。

民間認証局によって、取得方法とか費用とかは異なるんですが、私の知る限り、「電子証明書ください」って言って、その日のうちに「はいっ」て渡されるようなものではないんですね。

電子証明書を取得するには、カード名義人(代表取締役)の住民票や印鑑登録証明書といった個人情報にかかわる書類が必要で、会社の登記簿謄本や会社の印鑑証明書も必要になります。そういった情報をカード内に格納するんですけど、やはりその作業に数日間かかるのと、郵便での申込、郵便での受け取りといった郵便事情を考慮すると1週間から10日程度見ていただいた方がよいのかなというのが、私の経験から言えることです。

2.申請~承認までのスケジュール

2点目が、東京都に限らず、埼玉県、神奈川県でもそうなんですが、申請・承認・資格適用になるまでのスケジュールが決まっているんですね。決まっているんですよ。どんなにこちら側が急いでいるからといって、そのスケジュールを動かすことはできません。

あの1回ですね、「自分には都議会議員に知り合いがいて、その人に頼めば、スケジュールなんでどうにでもなる」といっている事業者さんからのご依頼があったんですけど、まあ、お断りしましたけど。都庁に急いで審査してくださいといって、急げるようなものではないです。

もちろん急ぎ案件については、私のほうで急いで準備を行いますし、急いで、申請しますけど。ですが...

いまから申請すれば、「どんなに早くても来月の1日から資格適用ですよ」とか、いまからだと、どんなに急いでも、「来月じゃなくて再来月の1日から資格適用ですよ」といったようにスケジュールが決まっています。

よくあるのが、今週中に入札に参加したいとか、2週間後には資格を取得したいといったお問合せなんですけど、さっきいったように、電子証明書・ICカードリーダを取得するには、民間認証局に申込をしてから1週間から10日程度かかります。

そのあとに、東京都に急いで、申請したとしても、月によって異なりますが、「10日までに申請すれば、翌月の1日から資格適用です」とか、「10日を過ぎると翌月ではなく翌々月の1日から資格適用ですよ」となるので、到底、今週中に資格が欲しいとか、2週間後に入札に参加したいといっても無理な話なんですね。

3.営業種目・取扱品目の変更不可

3点目が、1度選択した営業種目・取扱品目は、変更できないっていうことなんですよね。例えば、あとになってから「広告代理が必要でした」とか「産業用機械ではなく通信用機械でした」とか「室内装飾品を追加してください」「やっぱり自動車・自転車の営業種目が必要でした」といっても一切・変更・追加できないんですよ。

これは手引きにも書いてあるので、間違えてしまった人は手引きの読み込みが甘いですよねって話にもなるんですが、該当部分を読み上げると「申請完了後、本資格の有効期間中は、営業種目、取扱品目の追加変更はできません。申請する営業種目、取扱品目については、慎重に検討のうえ選択してください。」と手引きに書いてあるので、十分に注意をしてください。

「変更できませんか?」とか「横内さんのほうでなにか方法を知りませんか?」といった問い合わせは、本当によくあります。本当によくあるので皆さん注意をしてください。

4.売上0円の営業種目は、無格付け(X)

注意点の最後になるんですけど、

少しでも入札に参加したいという思いからか、売上が0円の営業種目でも申請しようとする方がいるんですが、売上高が0円でも申請できます。

申請できますが、売上高0円の場合は、当該営業種目の等級格付けは無格付け(エックス)になるんですね。「無格付け」でも競争入札参加資格者名簿には、登載されるんですが、その会社の能力、物品の販売能力、業務の遂行能力が判断できないので、東京都が積極的に入札参加指名を行うことはありません。

売上が0円だったとしても資格を持つことはできます。ただし、0円だと「無格付け」になるので、入札に参加できる案件がかなり絞られてきてしまいます。 

以上の4点が、東京都入札参加資格申請の注意点です。

3.東京都入札参加資格申請_メリット

手続きの流れについては、前の前の動画で解説させていただきました。注意点については、前の動画で解説させていただきました。2つともこのYouTube動画の概要欄にリンクを貼っておきますので、手続きの流れ、注意点について知りたい方は、参考にしてみてください。この動画ではメリットについてお話をさせていただきます。

1.電子証明書・ICカードリーダの取得代行

まず、僕の事務所に依頼するメリットの1つ目として、電子証明書やICカードリーダの購入申込・取得代行も行いますということです。

手続きの流れの動画でお話ししましたが、東京都の入札参加資格申請は、電子証明書やICカードリーダの購入が必要で、電子入札コアシステム対応の民間認証局から購入しますという話をしたんですが、この手続きを私のほうで代行いたします。

申込書類の作成、申込、電子証明書とICカードリーダを実際に受け取りに行くといったことを代行させていただきます。

これを自分でやろうとすると、例えば、「どの認証局に頼んでよいのかがわからない」とか、「申込書類は何を用意すればよいのかがわからない」とか、「本人限定受取郵便で届いた郵便物を郵便局まで受け取りに行かなければならない」といった手間が発生するので、そういった面倒な思いをお客様にさせないためにも、電子証明書やICカードリーダの購入申込受取代行を弊所で行っています。 

2.パソコンの設定の代行

メリットの2つ目としてはパソコンの設定も行います。これは実際に御社に伺って、御社が入札の際に使用するであろうパソコンを、電子申請できるように設定をさせていただきます。

もちろんヘルプデスクに電話をしたり、マニュアルを見ながら操作してできないこともないんですが、どんなに早く手際よくやっても小1時間はかかります。で、それを不慣れな皆さんがやろうとすると、おそらくあっという間に半日くらいかかってしまい、途中で挫折してしまうんではないかといった感じです。

もちろん、パソコンの操作に慣れている方や、システム担当がいる大きな会社は別ですが、そういう専門の知識のある方がいない会社の場合には、おそらくパソコンの設定は、外部に丸投げしたほうがよいのではないかと思います。

3.弊所のパソコンから入力・確認・電子申請

メリットの3つ目としては、パソコンの設定とちょっと被るんですけど、御社に伺って、パソコンの設定を行った際に、行政書士への委任というボタンがあるので、ネット上で、行政書士である私に申請手続きを委任することができるですね。そうすると、御社のパソコンを使って、電子申請をするのではまく、私の事務所のこのパソコンを使って、申請に必要な情報の入力・確認・送信作業の一切を「私の事務所のパソコン」ですることができます。

行政書士さんの中には、わざわざ御社のパソコンを使って、御社のパソコンから入力して送信するっていうことをやっている方もいらっしゃるみたいなんですけど、それってなんかちょっと、不便ですよね。

私の事務所にご依頼を頂ければ、パソコンの設定をしに伺った際に、行政書士への委任まで行ってしまうので、御社の手を煩わせることのなく、弊所のパソコンから入力・申請手続きを代行します。

4.安心・安全・確実に、しかも早く申請

メリットの4つめとしては、まあ、これは当たり前っちゃ当たり前なんですけど、入札参加資格申請の専門家なので、たとえば「こういう入力はだめですよ」とか「これとこれとこの書類を準備してくださいね」とか「いついつまでに申請すればいつから資格適用で」「その資格はいつまで有効です」「御社に教えていただきたい情報はこれとこれとこれです」といったヒアリングシートがあったりとか、確実に間違いなく、しかも早く申請することができます。

自分でやることを想像してみていただきたいんですけど、まあ、知識がゼロの場合、ネット上にある手引きマニュアルをダウンロードして、マニュアル読んで、手引きを読んで、わからないながらもパソコンの設定をして、1個1個入力してって、「どんだけ時間と労力がかかるんだ」っていう話なんですね。

うちの事務所にご依頼を頂ければ、そのあたりの無駄な労力、不確実さ、不安は解消できると思います。 

5.有料相談(1時間)のご案内

以上ですね、前の前の動画では手続きの流れ、前の動画では注意点について、この動画ではメリットについて解説をさせていただきました。

もし、ご自身でやろうと思う方はですね、ぜひご自身でチャレンジしてみてください。手引きやマニュアルといったものはすべて公表されていますし、ヘルプデスクなんかもあるので、そういったものを活用して、ご自身で作業されることをお勧めします。 ただ、外部の専門家にお願いしたいという方は、ご連絡をしていただければ、状況次第で、対応させていただきます。

困ってしまうのが、「ここの部分がわからないので、教えてください」とか「これってどうやるんですかね」といったお問合せ、これは、お断りせていただきます。うちの事務所は、問い合わせセンターでもヘルプデスクでもないので単なる質問はお断り。

ホームページ上に掲載している事務所の電話番号は、ご依頼者さま専用ダイヤルですので、「ちょっと聞きたいんですけど」とか「確認したいんですけど」といったお電話はお断りさせていただいてます。 

一応、不安な方のために、1時間の有料相談もご用意しています。この動画で話したことをさらに詳しく、実際の資料などを用いながら、打合せをさせていただくことも可能です。

ちょっといきなり頼むには抵抗があるなとか、社長から自分でやるように命ぜられているとか、自分でやるには不安があるのでもうちょっと詳しく知りたいという方、あとまあ全省庁統一資格とか経営事項審査についても知りたいという方は、ぜひ有料相談のほうを検討してみてください。 

皆さんが無事入札参加資格を取得して、東京都の入札案件を落札できることを記念して、全3回の動画を終わりにしたいと思います。

最後まで、ご視聴ありがとうございました。

書籍出版のご案内

今だからこそ見て欲しい!!
「絶対!役に立つ!」ノウハウ動画

YouTubeチャンネルでの手続き解説

横内行政書士法務事務所では、「行政書士横内賢郎×YouTube×手続き解説=横内ゼミ」と題して、YouTubeチャンネルを開設しています。

この「横内ゼミ」(YouTubeチャンネル)では、東京都入札参加資格申請については、もちろんのこと、全省庁統一資格を申請する際のポイントや注意点など、これから入札を始めようとしている会社が必要とする様々な手続きについて、解説しています。

ぜひ、視聴してみてください。

初回相談料について

東京都の入札参加資格申請について
「もっと理解を深めたい!!」という方は
下記の3つを、お勧めします。

1.【動画】入札参加資格申請解説

横内行政書士法務事務所の専門業務である入札参加資格申請について、26本の動画にまとめました。どの動画も1分程度で視聴できます。すべて閲覧して頂いても30分程度です。ぜひ、閲覧してみてください。

2.【メール講座】東京都入札参加資格申請

東京都の入札参加資格を申請するには、どうすればよいか?について、知識が全くない人のために、3日間の無料メール講座を用意しました。手引きを読むことが面倒くさい!手っ取り早く全体を理解したい!という方にお勧めのメール講座です。

3.【メール講座】全省庁統一資格申請

東京都の入札参加資格を取得したら、次は、国の機関(全省庁)への入札を検討してみてはいかがでしょうか?東京都と国では、入札のルールやシステムがまったく異なります。このメール講座では、たったの4日間で、全省庁入札への道を解説いたします。

3.【メール講座】経営事項審査

「物品・委託・役務の提供」と異なり、「公共工事」の入札に参加するには、経営事項審査を受けなければなりません。このメール講座では、経営事項審査について、簡単に分かりやすく解説しています。これから公共工事の入札を検討している方にお勧めです。

弊所にお越しの方はこちら

東京都文京区小石川1-3-23ル・ビジュー601

①建物の外観

弊所が入っている「ル・ビジュー」の外観です。この建物の601号室です。

②出入口

ル・ビジューの出入り口です。出入口が外部から見えにくいところにあります。

③緑の扉

緑色の鉄格子の扉の中に入って、インターホンを押してください。

地図

〒112-0002
東京都文京区小石川1-3-23
ル・ビジュー601

グーグルマップはこちら

お問い合わせはこちら

入札参加資格申請の専門家として、建通新聞に記事が掲載されました。

メール講座

経営事項信施メール講座