東京都入札参加資格申請なら、行政書士法人スマートサイドへ。電子証明書取得~パソコン設定~申請代行~書類郵送を一括サポート。

【物品販売.役務の提供.公共工事.全省庁統一資格.都内区市町村】

東京都入札参加資格申請

     東京都入札参加資格申請精通した行政書士事務所です!

     〒112-0002  東京都文京区小石川1-3-23  ル・ビジュー601

営業時間

7:00~15:00
(土日祝を除く)

臨時対応

休日対応いたします。
事前にご連絡下さい。

東京都の入札参加資格を「最大10業種・合計39品目」取得しました!

東京都の入札参加資格を持ちたいと検討している人のなかにも、営業種目や取扱品目について、ご存知ない方は多いと思います。この営業種目・取扱品目は、入札参加資格を取得する際に、絶対に間違えてはならない超重要事項です。

そこで、このページでは、東京都の入札参加資格最大10業種・合計39品目」を1度で取得した弊所の実績を紹介しつつ、営業種目・取扱品目で注意しなければならない点を記載して行きたいと思います。

これから東京都の入札参加資格を取得しようとお考えの方は、ぜひ、参考にしてみて下さい。

営業種目とは

営業種目とは、「どのような種類・どのような分野の入札に参加するのか?」を決めるための種類・区分を言います。

例えば、御社が、東京都の「広告」についての入札に参加したいのであれば、「115:広告代理」といった営業種目について、入札参加資格を持つ必要があります。

また、御社が東京都の「建物の清掃」についての入札に参加したいのであれば、「103:建物清掃」という営業種目について、入札参加資格を持つ必要があります。

そのほか、東京都の「自動車部品」についての入札に参加したいのであれば「010:自動車・自転車」という営業種目について、東京都の「制服やTシャツ」についての入札に参加したいのであれば「007:繊維・ゴム・皮革製品」という営業種目について、入札参加資格を持つ必要があります。

この営業種目は、「物品の販売」では30種類、「委託等」では37種類に分かれています。

<よくある勘違い>

よくある勘違いとして、

  • 東京都の入札参加資格を持てば、どんな分野の入札にでも、参加できるのではないですか?

といったものがあります。確かに入札参加資格という言葉を初めて耳にする方が、「この資格を持てば、東京都の入札案件すべてについて参加できる...」という誤解をしてしまうのも無理はありません。

しかし、入札参加資格というのは、すべての分野・すべての業種の入札に参加できるオールマイティーなものではありません。入札参加資格を申請する際には、上記のような営業種目を必ず選択したうえで、手続きを進めなければなりません。そのため、御社が取得した営業種目に該当しない入札には、参加することができません。

例えば、先ほどの例で言うと、「115:広告代理」の入札資格しか持っていない会社が、「103:建物清掃」の入札に参加しようと思っても、参加することができません。

同様に、どんなに、東京都の制服やTシャツについての入札に参加したいと思ったとしても、御社に「007:繊維・ゴム・皮革製品」という営業種目についての入札資格がなければ、制服やTシャツについての入札に参加することはできないのです。

<営業種目・取扱品目の詳細>

なお、営業種目・取扱品目をより詳しく知りたいという方は、

  • 物品販売の営業種目、取扱品目については→こちら
  • 委託や役務などの営業種目、取扱品目については→こちら

を参考にしてみてください。

↑目次に戻る

取扱品目とは

取扱品目とは、上記の営業種目をさらに細分化したもののことを言います。すべての取扱品目を掲載しているとキリがないので、ここでは、以下の2つの例示にとどめます。

例えば、「115:広告代理」の営業種目の中には、下記の種類の取扱品目があります。

01

車内広告・駅ばり

02

新聞折込み

03

新聞・雑誌広告

04

テレビ

05

ラジオ

07

インターネット・映像広告

98

その他広告代理全般

 

また、「007:繊維・ゴム・皮革製品」の営業種目の中には、下記の種類の取扱品目があります。

01

制服・事務服・ネクタイ

02

作業服

03

防寒衣・外とう

04

白衣・看護衣・手術衣

05

雨衣

06

肌着・靴下

08

手袋

09

作業用手袋

11

ふとん・毛布・敷布

12

帽子(運動帽を除く)

13

革靴

14

作業靴・安全靴

15

ゴム長靴

18

カバン

19

腕章

98

その繊維類・ゴム類・皮革製品類

東京都の入札参加資格を申請する際には、営業種目と、その営業種目を細分化した取扱品目を選択したうえで、申請しなければなりません。

↑目次に戻る

10営業種目・39取扱品目を実際に申請した事例

弊所では、非常に多くのお客さまから、東京都の入札参加資格申請の代行手続きを依頼されていますが、そのほとんどは、営業種目を2~3つに絞って申請します。自社の得意分野に絞って入札にチャレンジしているようです。

一方で、営業種目を絞らずに、できるだけ多くの入札参加資格を取得したいといった事業者さまもいらっしゃいます。下記の一覧は、一度の申請で、営業種目10個・取扱品目39個の資格を取得したお客様の事例です。

ここまで多くの営業種目・取扱品目の資格を取得されるお客様は、なかなかいらっしゃいません。それだけ規模が大きく、さまざまな事業に積極的に取り組んでいる会社であるといえることができると思います。

024:標識・看板等
07看板・掲示板・保安灯09模型・展示物・サイン97本営業種目物品の修繕
98その他標識類・看板類
090:その他の物品
02ダンボール箱06バッジ・カップ12ノベルティ・記念品
13着ぐるみ
101:印刷
10DTP・デザイン11印刷物の企画・編集
114:運送等請負
04一般貨物運送06保管
115:広告代理
01車内広告・駅ばり02新聞折込み03新聞・雑誌広告
04テレビ05ラジオ07インターネット映像広告
98その他広告代理全般
116:映像等製作
01映像03写真撮影
120:催事関係業務

01催事の企画から会場設営まで

03舞台照明装置等の演出保守点検

04会場運営・展示業務

05都市装飾06芸能委託98その他催事関係業務全般
121:情報処理業務

01データ入力・消去

02システム開発・保守・運用

04ホームぺージ作成・管理

06セキュリティ対策(Pマーク取得者)
135:事務支援

01会議運営

02研修・教育・職業訓練

04翻(点)訳

05通訳07窓口・案内業務(コールセンターを含む)98その他事務支援
190:その他の業務委託等

08デザイン(印刷物を除く)

98その他の業務委託等全般

上記のように、一度でたくさんの営業種目・取扱品目の入札資格を取得することも可能です。これだけたくさんの営業種目・取扱品目を選んでおけば、何かしら入札案件に参加できそうですね

営業種目や取扱品目を増やすメリット・デメリット

営業種目をたくさん増やすということは、より多くの案件を落札するチャンスに恵まれ、メリットしかないように思われますが、実は、メリットばかりではありません。

以下では営業種目や取扱品目を増やすメリット・デメリットについて記載します。

<メリット>

  • 営業種目や取扱品目を増やすことによって、より多くの案件に入札できる可能性が高まる

<デメリット>

  • 資格を申請する際には、営業種目や取扱品目ごとに過去の実績を入力しなければならないため、申請手続きが大変になる。
  • 資格を申請する際には、営業種目や取扱品目ごとに売上高を割り振らないといけないので、申請手続きが煩雑になる。
  • 売上高を割り振った結果、申請営業種目の売上高が低くなれば、その営業種目のランクも低くなる。

以上のように、営業種目取扱品目は、「増やせばよい」というものではありません。そのため、多くのお客様は、自社の得意とする分野を2~3つに絞って申請しています。

実際に営業を行っている業種なら良いのですが、営業を行っていない業種についてまで、入札の幅を広げたいといった理由だけで入札資格を取得することは、お勧めいたしません。

↑目次に戻る

営業種目・取扱品目を選択する際の注意点

最後に営業種目・取扱品目を選択する際の注意点について、ご説明いたします。


1度選択した営業種目・取扱品目は、変更・追加できません


これは、東京都の手引きにも書いてあることですが、一番注意しなければならない点です。あとから追加や変更はできません。

例えば、途中から

  • 「020:医薬品・診療材料・介護用品」の入札参加資格が必要になったとか、
  • 「135:事務支援」ではなく「121:情報処理業務」に変更したい

となっても、一切認めてもらえませんので注意してください。


営業種目は10個、取扱品目は1営業種目につき8個まで


営業種目は、「物品の販売」では30種類、「委託等」では37種類、合計67種類に分かれています。さらに、1つの営業種目ごとに複数の取扱品目が設定されているので、数百の取扱品目があることになります。

しかし、これらの営業種目・取扱品目のすべてに入札参加資格を取得できるわけではありません。

営業種目は10個まで、取扱品目は1営業種目について8個までといった、上限が設定されています。いくら入札参加資格をたくさん欲しいからといって、上限を超えて申請することはできませんので、ご注意ください。


特殊な許可や条件が必要な営業種目・取扱品目もあります。


営業許可や営業設備が備わっていない事業者に入札参加資格を認めるわけにはいきませんね。これは、民間の仕事でも、役所の仕事でも同様です。例えば、産業廃棄物収集運搬業の許可を持っていない事業者は、「112:廃棄物処理」の「04産業廃棄物処理(収集・運搬)」の入札資格を取得することができません。

その他にも

  • 警備業の認定を受けていなければ、「105:警備・受付」の入札資格を持つことはできません。
  • 労働者派遣事業の許可を受けていなければ、「132:労働者派遣」の入札資格を持つことはできません。
  • オフセット印刷機器設備を保有していなければ、「101:印刷」のうち「01オフセット印刷(一般)」「02オフセット印刷(新聞・タブロイド)」の入札資格を持つことができません。

売上0円だと、無格付け(X)になってしまいます


各営業種目の売上が0円でも入札参加資格を取得することはできます。しかし、売上0円の場合、当該営業種目の等級格付は『無格付け(X)』となり、無格付けの業者に東京都が積極的に入札参加指名を行うことはありません。

先ほど「営業種目10個・取扱品目39個の資格を取得したお客様の事例」を紹介しましたが、このお客様の場合、すべての営業種目について売上を割り振ることが出来たので、無格付けになることはありませんでした。

過去の実績として売上0円の業種について入札資格を取得しても、結果として無格付けになり、入札参加への可能性が低くなるのであれば、あえて、無理をして営業種目の数を増やす必要はありませんね。

↑目次に戻る

お困りの際は、横内行政書士法務事務所へ

さて、東京都の入札参加資格の営業種目・取扱品目について、かなり詳しく説明してきましたが、如何でしたでしょうか?

このホームページではもちろんのこと、YouTubeでも情報提供を行っていますが、なかなか理解できない部分もあるかもしれません。

弊所は、東京都の入札参加資格申請を専門に行っている行政書士事務所です。

  • このホームページを見ただけでは、よくわからない?
  • YouTube動画も見たけど、理解できなかった?
  • 東京都の資格を持とうかどうか、悩んでいる。
  • 手続きの流れについて、もっと詳しく教えて欲しい。

といったかたは、ぜひご連絡をください。

相談料

(1時間)

 

¥10000

電子証明書・ICカードリーダ

申込・受取代行

 

¥30000

パソコンの設定

日当分として

 

¥20000

東京都入札参加資格の申請

電子申請(書類郵送を含む)

 

¥100000

【合計】

(税抜表記)

 

¥150000

事前相談ご希望の方へ~初回相談料についてのご案内

入札に関する手続きをお願いしたいけど、事前に相談したいことがあるという方は、いらっしゃいませんか?

  • 全体の流れを理解したい
  • 必要書類を事前に教えて欲しい
  • 実際に会って、話を聞いてみたい

といったご要望がある方もいらっしゃるかもしれませんね。弊所では、そんな方のために、事前の有料相談を実施しています。相談をご希望の方は、事前にご連絡をください。相談日時を調整させていただきます。相談日の前日までに、指定の口座に相談料をお振込み頂いてから、弊所にて1時間程度の相談を実施させていただきます。

事前相談料(要予約)


手続きに関する事前相談をご希望の方のために「弊所にて」「1時間程度」「有料の事前相談」を承っております。

¥11、000/1時間

ご依頼・お申込みは、こちらのメールフォームから

東京都の入札参加資格申請のご依頼や、全省庁統一資格についてのご相談は、すべて下記メールフォームから承っています。

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

(例:東京都入札:全省庁統一資格)

(例:物品:委託:役務の提供:公共工事)

(例:○○株式会社)

(例:東京都〇〇区)

(例:山田太郎)

(例:03-0000-0000)

(例:sample@yamadahp.jp)

書籍出版のご案内

今だからこそ見て欲しい!!
「絶対!役に立つ!」ノウハウ動画

YouTubeチャンネルでの手続き解説

横内行政書士法務事務所では、「行政書士横内賢郎×YouTube×手続き解説=横内ゼミ」と題して、YouTubeチャンネルを開設しています。

この「横内ゼミ」(YouTubeチャンネル)では、東京都入札参加資格申請については、もちろんのこと、全省庁統一資格を申請する際のポイントや注意点など、これから入札を始めようとしている会社が必要とする様々な手続きについて、解説しています。

ぜひ、視聴してみてください。

東京都の入札参加資格申請について
「もっと理解を深めたい!!」という方は
下記の3つを、お勧めします。

1.【動画】入札参加資格申請解説

横内行政書士法務事務所の専門業務である入札参加資格申請について、26本の動画にまとめました。どの動画も1分程度で視聴できます。すべて閲覧して頂いても30分程度です。ぜひ、閲覧してみてください。

2.【メール講座】東京都入札参加資格申請

東京都の入札参加資格を申請するには、どうすればよいか?について、知識が全くない人のために、3日間の無料メール講座を用意しました。手引きを読むことが面倒くさい!手っ取り早く全体を理解したい!という方にお勧めのメール講座です。

3.【メール講座】全省庁統一資格申請

東京都の入札参加資格を取得したら、次は、国の機関(全省庁)への入札を検討してみてはいかがでしょうか?東京都と国では、入札のルールやシステムがまったく異なります。このメール講座では、たったの4日間で、全省庁入札への道を解説いたします。

3.【メール講座】経営事項審査

「物品・委託・役務の提供」と異なり、「公共工事」の入札に参加するには、経営事項審査を受けなければなりません。このメール講座では、経営事項審査について、簡単に分かりやすく解説しています。これから公共工事の入札を検討している方にお勧めです。

弊所にお越しの方はこちら

東京都文京区小石川1-3-23ル・ビジュー601