東京都入札参加資格申請なら、横内行政書士法務事務所へ。電子証明書取得~パソコン設定~電子申請代行~書類郵送を一括サポート。

【物品販売.役務の提供.公共工事.全省庁統一資格.都内区市町村】

東京都入札参加資格申請

     東京都入札参加資格申請精通した行政書士事務所です!

     〒112-0002  東京都文京区小石川1-3-23  ル・ビジュー601

営業時間

9:00~18:00
(土日祝を除く)

臨時対応

休日対応いたします。
事前にご連絡下さい。

ご依頼者さま
専用ダイヤル

03-6912-1255

・東京都内の区や市の入札に参加したいのだけど...
・区役所から入札参加資格を持つように言われていて...
・区や市の小さい案件で良いので入札に参加したいのですが...

弊所にご相談いただくお客様のほとんどが、上記のようなお悩みを抱えています。「東京都内の区や市の入札に参加したいのだけど、どのようにすればよいかわからない」と言って困ってしまっています。

それもそのはず。ネットを見ても、手引きを見ても、一連の流れを理解するには相当時間がかかりますよね。

そこで、このページでは、東京都内区市町村の入札参加資格について、基本的なことを解説していきたいと思います。もし、最後まで読んでみて、手続きの流れの中でわからないこと、依頼したいことがあれば、遠慮なくご連絡ください。

東京都内区市町村の入札の概要

都内区市町村の入札資格は、いつから持てるの?

「いまお願いすると、だいたい、いつくらいから入札参加資格を取得できるの?」といった質問を良く受けます。

資格取得年月日

「東京都」の入札参加資格申請には、『定期受付』と『随時受付』の2種類があります。『定期受付』は2年に一度、行われます。

もっとも「東京都内区市町村」の入札参加資格申請に、『定期受付』という制度はなく、常に(随時)受付を行っております。

具体的には、

  • 毎月1日~25日の間に、審査担当自治体において登録申請の承認が行われた場合には、翌月の1日から資格を取得できます。
  • 毎月26日~末日の間に、審査担当自治体において登録申請の承認が行われた場合には、翌翌月の1日から資格を取得できます。

電子証明書の取得手続きや、パソコンの設定手続き、証明書類の取得手続きなどの準備期間もありますので、余裕をみて準備をされた方がよいかと思います。

都内区市町村の入札には、例えばどんな案件があるのかな?

東京都内の区市町村の入札には、どういった案件があるのでしょうか?

具体例

たとえば、

  1. 区立小学校のプールの改修工事
  2. 市立体育館の屋根防水工事
  3. 区立公園の樹木点検、害虫駆除
  4. 地区公会堂で用いる折りたたみテーブルの購入
  5. 消防団用破壊救助工具セットの購入

​などがあげられます。これらは、区や市のホームページ上に実際にアップされている入札の案件です。

1.2は、工事の部類に分けられます。3.4.5は、物品・役務の提供の部類に分けられます。御社が建設業者で公共工事の入札を行いたいというのであれば、1.2に該当します。他方、「害虫駆除を専門に行っている業者である」とか「備品や道具の販売を専門に行っている会社である」というのであれば3.4.5などが狙い目になると思います。

これらの入札案件に参加して落札するためには、東京都内の区市町村で構成される東京電子自治体共同運営協議会の運営する共同運営電子調達サービスを通して入札参加資格を取得していなければなりません。

東京都内のどの区市町村の入札資格が持てるのかな?

1回の申請手続きによって以下の58の自治体に入札参加資格を申請することができます。

申請できる自治体

​東京都内の区市町村の入札に参加するには、自治体が運営する共同運営電子調達サービスを利用しなければなりません。この共同運営電子調達サービスは、以下の58自治体から成り立っています。

【区部】

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区

【市部】

八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市

【町村部】

瑞穂町、日の出町、檜原村、奥多摩町

(島)

八丈町、青ヶ島村、小笠原村

【一部事務組合】

東京二十三区清掃一部事務組合、多摩川衛生組合

全58自治体

では具体的に何から始めればよいの?

入札参加資格取得の手続きについて簡単にレクチャーしますね。

手続きの流れ

​東京都のみならず、東京都内の区市町村の入札は電子申請にて行われます。そこで、電子申請をするために様々な準備が必要になります。入札参加資格申請が分かりにくいのは、このあたりの事前準備が複雑な点にあるように思います。

  1. まずは、電子証明書とICカードリーダを用意しましょう。
  2. 電子証明書利用に必要なプログラムをインストールしましょう。
  3. 電子調達サービスを利用するためにパソコン設定をしましょう。
  4. 電子調達システムから必要事項を入力し、申請しましょう。
  5. 納税証明書などの書類を指定の役所に郵送しましょう。

簡単に説明してもこれだけの手続きが必要です。

初めての申請の際に、手引きを見ながら、ヘルプデスクに問い合わせをしながらこれだけの手続きをこなすのはとても骨の折れる大変な作業だとおもいます。

東京都区市町村入札のことなら
「横内行政書士法務事務所」
お気軽にお問い合わせください。

最後までお読み頂きました、ありがとうございました。

東京都内区市町村の入札参加資格申請を1から自社で処理することは、不可能ではありません。しかし、「住民票や印鑑登録証明書が必要であったり、納税証明書が必要であったり」、「どこに何を郵送すれば、次のステップに行くのかが分からなかったり」とわからないことだらけで、時間のロスになるのではないでしょうか?

横内行政書士法務事務所は、そんな事業者さまの労力を最小限にとどめるとともに、スムーズに入札参加資格が取得できるよう最大限フォローをさせて頂いております。

もし、何かお困りの点などございましたら、どうぞ遠慮なくご連絡を頂ければと思います。

書籍出版のご案内

今だからこそ見て欲しい!!
「絶対!役に立つ!」ノウハウ動画

YouTubeチャンネルでの手続き解説

横内行政書士法務事務所では、「行政書士横内賢郎×YouTube×手続き解説=横内ゼミ」と題して、YouTubeチャンネルを開設しています。

この「横内ゼミ」(YouTubeチャンネル)では、東京都入札参加資格申請については、もちろんのこと、全省庁統一資格を申請する際のポイントや注意点など、これから入札を始めようとしている会社が必要とする様々な手続きについて、解説しています。

ぜひ、視聴してみてください。

初回相談料について

東京都の入札参加資格申請について
「もっと理解を深めたい!!」という方は
下記の3つを、お勧めします。

1.【動画】入札参加資格申請解説

横内行政書士法務事務所の専門業務である入札参加資格申請について、26本の動画にまとめました。どの動画も1分程度で視聴できます。すべて閲覧して頂いても30分程度です。ぜひ、閲覧してみてください。

2.【メール講座】東京都入札参加資格申請

東京都の入札参加資格を申請するには、どうすればよいか?について、知識が全くない人のために、3日間の無料メール講座を用意しました。手引きを読むことが面倒くさい!手っ取り早く全体を理解したい!という方にお勧めのメール講座です。

3.【メール講座】全省庁統一資格申請

東京都の入札参加資格を取得したら、次は、国の機関(全省庁)への入札を検討してみてはいかがでしょうか?東京都と国では、入札のルールやシステムがまったく異なります。このメール講座では、たったの4日間で、全省庁入札への道を解説いたします。

3.【メール講座】経営事項審査

「物品・委託・役務の提供」と異なり、「公共工事」の入札に参加するには、経営事項審査を受けなければなりません。このメール講座では、経営事項審査について、簡単に分かりやすく解説しています。これから公共工事の入札を検討している方にお勧めです。

弊所にお越しの方はこちら

東京都文京区小石川1-3-23ル・ビジュー601

①建物の外観

弊所が入っている「ル・ビジュー」の外観です。この建物の601号室です。

②出入口

ル・ビジューの出入り口です。出入口が外部から見えにくいところにあります。

③緑の扉

緑色の鉄格子の扉の中に入って、インターホンを押してください。

地図

〒112-0002
東京都文京区小石川1-3-23
ル・ビジュー601

グーグルマップはこちら

お問い合わせはこちら

入札参加資格申請の専門家として、建通新聞に記事が掲載されました。

メール講座

経営事項信施メール講座