東京都入札参加資格申請なら、行政書士法人スマートサイドへ。電子証明書取得~パソコン設定~申請代行~書類郵送を一括サポート。

【物品販売.役務の提供.公共工事.全省庁統一資格.都内区市町村】

東京都入札参加資格申請

     東京都入札参加資格申請精通した行政書士事務所です!

     〒112-0002  東京都文京区小石川1-3-23  ル・ビジュー601

営業時間

7:00~15:00
(土日祝を除く)

臨時対応

休日対応いたします。
事前にご連絡下さい。

TEL:03-6912-1255
ご依頼・お申込みは
メールでのみ受付中

相談事例:急ぎでお願いした場合、最短いつから東京都の入札に参加できますか?

急ぎ対応でのお願いです。

来月の東京都の入札に間に合うように、入札参加資格を取得することはできますか?もし、来月が無理だったとした場合、最短でいつから、東京都の入札に参加することができますか?

相談者佐々木社長(仮名)50代・男性
所在地東京都文京区
業種

精密機械・産業用機器の製造および販売

役職等代表取締役

回答を動画で見たい方はこちらをクリック

(ページ最下部に移動します)

相談内容

東京都の文京区で、精密機械の製造を行っている会社です。

うちの会社でしか作れない部品や機器などもあり、かなり特殊な加工を得意としています。そのため、10年以上前に東京都の入札参加資格は持っていたこともあったのですが、なかなか、案件落札の機会に恵まれず、いつの間にか放置していました。

ただ、先月、同業の社長との飲み会の席で、今度、東京都の入札で「〇〇」という案件があるという話を聞きました。その社長から聞いた話では、うちの会社の得意とする分野の案件で、今後も、こういった案件が東京都から発注されるのであれば、また、入札に参加したいという意欲がわいてきました。

昔、持っていた入札参加資格は期限が切れてしまっています。こんなことになるのなら、ずっと、継続(更新)して、東京都の入札資格を持っていればよかったのですが、私自身、まさか、再度、東京都の入札に参加することになるとは、夢にも思っていなかったもので。

何とか、このチャンスを逃したくないので、急ぎで、東京都の入札資格を取得したい次第です。ただ、いかんせん、時期が来月ということもあって、「今から準備しても間に合わないのではないかと不安」に思っています。

そこで質問ですが、

来月の東京都の入札に間に合うように、入札参加資格を取得することはできますか?もし、来月が無理だったとした場合、最短でいつから、東京都の入札に参加することができますか?

ご回答

以前は、東京都の入札参加資格をお持ちであった製造業の佐々木社長(仮名)からのご相談です。

東京都の入札参加資格を継続して持っていれば、今回の案件にもスムーズに参加できたと思うのですが、10年以上前に、資格を失っているので、新たに東京都の入札参加資格を取得しなおさなければなりませんね。


「来月の東京都の入札に間に合うように入札参加資格を取得することができるか?」という点について


この点については、かなり厳しいと言わざるを得ません。

東京都が公表している入札参加資格の取得スケジュールを確認すると、おおむね毎月10日までに申請を終えると、翌月の1日から資格を取得できるといったスケジュールになっています。

10日までに申請を終えれば良いのであれば、時間的には余裕があるのではないか?と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、そうではありません。

このホームページで何回も説明している通り、東京都の入札参加資格申請は、電子申請であるため、事前に「電子証明書+ICカードリーダ」の購入をしたうえで、購入した電子証明書+ICカードリーダを利用できるようにパソコンの環境設定を行わなければなりません。

そして、電子証明書を購入するにはカード名義人である代表取締役個人の「住民票」や「印鑑証明書」が必要になります。今すぐに、代表者の「住民票」や「印鑑証明書」を準備できれば良いですが、「代表者が出張中である」とか、「忙しくて役所に行く暇がない」という場合には、電子申請のための、電子証明書やICカードリーダの取得を行うことができないといった事態になってしまいます。

手順作業内容日数
0代表者個人の「住民票」「印鑑証明書」の取得何日?
電子証明書+ICカードリーダの購入10日程度
PCの環境設定1日
電子申請+必要書類の郵送1日
合計2週間程度?

たとえば、『代表者のスケジュールの関係で、「住民票」や「印鑑証明書」を取得するのに1週間かかった』とすると、それだけ、『入札参加資格を取得するための電子申請も遅くなる』ということを理解しておかなければなりません。

そのため、来月の東京都の入札に間に合わせることはできないといった回答になります。


「もし来月が無理だとした場合、最短でいつから、東京都の入札に参加できますか?」という点について


前述した通り、東京都の入札参加資格の取得スケジュールは、おおむね毎月10日までに申請を終えると、翌月の1日から資格を取得できるといったスケジュールになっています。

このスケジュールを参考にすると、来月1日からの資格を取得することができなかった場合、再来月1日からの資格取得を目指すことになります。

そのため、最短で東京都の入札に参加できるのは再来月の1日からということになります。

関連動画:急ぎで東京都の入札に参加したい方へ

その他の相談事例集

急ぎでお願いした場合、最短でいつから東京都の入札に参加することができますか?

詳細を

見てみる

東京都入札参加資格申請を依頼した場合の、流れと費用について教えてください。

詳細を

見てみる

東京都、都内区市町村、全省庁のすべての入札参加資格の取得を依頼することはできますか?

詳細を

見てみる

東京都と東京都内区市町村の両方の入札参加資格を取得するには、どのようにすれば良いですか?

詳細を

見てみる

はじめて全省庁の入札にチャレンジしますが、ちゃんと入札資格が取れるかどうか不安です。

詳細を

見てみる

ご依頼・お申込みは、こちらのメールフォームから

東京都の入札参加資格申請のご依頼・全省庁統一資格についてのご相談は、すべて下記メールフォームから承っています。誠に勝手ながら、電話での無料相談は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

(例:○○株式会社)

(例:山田太郎)

(例:sample@yamadahp.jp)

(無料での相談・質問は、受け付けておりません)

(例:東京都の物品委託の入札資格を取得したい)

申請手続きを外注し、スムーズに資格を取得!

ご案内資料(PDF)のダウンロードはこちら

  • 東京都および全省庁統一資格の入札参加資格申請の「概要」
  • 東京都入札および全省庁統一資格申請の「手続きの流れ」
  • 行政書士法人スマートサイドにご依頼いただく「メリット」
  • 行政書士法人スマートサイドにご依頼いただいた際の「料金表」
  • 行政書士法人スマートサイドの「実績・特徴」

などをご紹介している資料(PDF)のダウンロードができます。

事前相談ご希望の方へ~初回相談料についてのご案内

入札に関する手続きをお願いしたいけど、事前に相談したいことがあるという方は、いらっしゃいませんか?

  • 全体の流れを理解したい
  • 必要書類を事前に教えて欲しい
  • 実際に会って、話を聞いてみたい

といったご要望がある方もいらっしゃるかもしれませんね。弊所では、そんな方のために、事前の有料相談を実施しています。相談をご希望の方は、事前にご連絡をください。相談日時を調整させていただきます。相談日の前日までに、指定の口座に相談料をお振込み頂いてから、弊所にて1時間程度の相談を実施させていただきます。

事前相談料(要予約)


手続きに関する事前相談をご希望の方のために「弊所にて」「1時間程度」「有料の事前相談」を承っております。

¥11、000/1時間

電子証明書の代行取得/パソコンの訪問設定サービス

行政書士法人スマートサイドでは、電子証明書の取得の仕方がわからない方や、電子入札のためのパソコンの環境設定ができない方に向けて、電子証明書の代行取得サービス、およびパソコンの訪問設定サービスを行っております。

詳しくは、下記、ページをご覧ください。

書籍出版のご案内

今だからこそ見て欲しい!!
「絶対!役に立つ!」ノウハウ動画

入札に関する「おすすめ」のページ

1.【動画】入札参加資格申請解説

横内行政書士法務事務所の専門業務である入札参加資格申請について、26本の動画にまとめました。どの動画も1分程度で視聴できます。すべて閲覧して頂いても30分程度です。ぜひ、閲覧してみてください。

2.【メール講座】東京都入札参加資格申請

東京都の入札参加資格を申請するには、どうすればよいか?について、知識が全くない人のために、3日間の無料メール講座を用意しました。手引きを読むことが面倒くさい!手っ取り早く全体を理解したい!という方にお勧めのメール講座です。

3.【メール講座】全省庁統一資格申請

東京都の入札参加資格を取得したら、次は、国の機関(全省庁)への入札を検討してみてはいかがでしょうか?東京都と国では、入札のルールやシステムがまったく異なります。このメール講座では、たったの4日間で、全省庁入札への道を解説いたします。

4.【メール講座】経営事項審査

「物品・委託・役務の提供」と異なり、「公共工事」の入札に参加するには、経営事項審査を受けなければなりません。このメール講座では、経営事項審査について、簡単に分かりやすく解説しています。これから公共工事の入札を検討している方にお勧めです。

弊所にお越しの方はこちら

東京都文京区小石川1-3-23ル・ビジュー601

お客様の声

メール講座