東京都入札参加資格申請なら、行政書士法人スマートサイドへ。電子証明書取得~パソコン設定~申請代行~書類郵送を一括サポート。

【物品販売.役務の提供.公共工事.全省庁統一資格.都内区市町村】

東京都入札参加資格申請

     東京都入札参加資格申請精通した行政書士事務所です!

     〒112-0002  東京都文京区小石川1-3-23  ル・ビジュー601

営業時間

7:00~15:00
(土日祝を除く)

臨時対応

休日対応いたします。
事前にご連絡下さい。

東京都の入札参加資格(物品・役務)の格付け方法

東京都行政書士会新宿支部にて東京都入札参加資格申請について業務研修講師を行った時

  • 前回と等級が変わってしまった!!
  • Bランクが欲しいのに、Cランクになってしまった!!
  • 無格付けって、どういうこと?!
  • どうしても、ランクを間違えるわけにはいかないのですけど!!

上記のように、「胃が痛い思い」をしている事業者さまは多いのではないでしょうか?実際に、「申請をやり直すことができなですか?」といった問い合わせもあるくらいです。

そこで、東京都入札参加資格申請の手引きをもとに、「等級順位の決定と格付け基準」について、どのような項目や計算を用いて決定しているのかを解説させて頂きます。

等級・順位とは

等級とは

そもそも「等級」とは、営業種目ごとにランク付けされるA・B・Cの3つのランクを言います。このランクによって発注標準金額が変わってきます。

たとえば、「文房具事務用品」を扱っている事業者の場合。Aランクを持っていれば、「1000万円以上」の発注金額の入札に参加できるのに対して、Cランクだと「300万円未満」の発注金額の入札にのみ参加できることになります。

他にも、たとえば、「理化学機械器具」を扱っている事業者の場合。Bランクだと「300万円以上~3000万円未満」の発注金額の入札にしか参加できないのに対して、Aランクを持っていれば「3000万円以上」の発注金額の入札に参加できることになります。

順位とは

同一等級内で、営業種目別売上高の大きい順に与えられるのが「順位」です。

↑目次に戻る

等級決定方法の概略

客観的審査事項と主観的審査事項

等級を決定するには、客観的審査事項をもとに「客観数値」を算出し、主観的審査事項をもとに「主観数値」を算出します。

その数値をもとに、さらに「客観的審査事項による等級」と「主観的審査事項による等級」を決定し、『いずれか低いほうの等級』が、御社の申請営業種目における等級となります。

客観的審査事項による等級
  1. 年間総売上高
  2. 自己資本額
  3. 従業員数
  4. 流動比率
  5. 営業年数
  6. 障害者雇用の割合

以上の6つの客観的審査事項を点数化して、客観的審査事項による等級が決定されます。

主観的審査事項による等級
  • 審査対象事業年度の営業種目売上高

主観的審査事項は「審査対象事業年度の営業種目の売上高」のみです。この売上高をもとに主観的審査事項による等級が決定されます。

無格付け

審査対象事業年度の営業種目売上高がない場合には、無格付(X)となってしまいます。無格付でも「競争入札参加有資格者名簿」には、登録されますが、当該営業種目に対する販売能力等が判断できないため、東京都が積極的に入札参加指名を行うことはありません。

↑目次に戻る

客観的審査事項による等級の計算方法

①年間総売上高

年間装売上高(円)

物品(点数)委託(点数)
1千億以上6055
300億円以上1千億円未満

57

52
100億円以上300億円未満5449
50億円以上100億円未満5146
30億円以上50億円未満4843
20億円以上30億円未満4540
10億円以上20億円未満4237
7億円以上10億円未満3934
5億円以上7億円未満3631
3億円以上5億円未満3328
2億円以上3億円未満3025
1.5億円以上2億円未満2722
1億円以上1.5億円未満2419
5千万円以上1億円未満2116
1千万円以上5千万円未満1813
1千万円未満1510
②自己資本額(貸借対照表の純資産の額)

自己資本額(円)

点数

30億円以上10
6億円以上30億円未満
2億円以上6億円未満
1億円以上2億円未満
5千万円以上1億円未満
3千万円以上5千万円未満
1500万円以上3千万円未満
300万円以上1500万円未満
1円以上300万円未満
1円未満
③従業員の人数(※委託のみ。物品は除く。)

従業員数(人)

点数
300人以上
50人以上300人未満
20人以上50人未満
5人以上20人未満
5人未満
④流動比率(流動資産÷流動負債×100)

流動比率(%)

点数
140以上15
130以上140未満14
120以上130未満13
110以上120未満12
100以上110未満10
90以上100未満
80以上90未満
60以上80未満
60未満
⑤営業年数(設立から申請日までの年数)

営業年数(円)

点数
50年以上10
40年以上50年未満
30年以上40年未満
25年以上30年未満
20年以上25年未満
15年以上20年未満
10年以上15年未満
5年以上10年未満
1年以上5年未満
1年未満
⑥「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づく実雇用率

実雇用率(%)

点数
2%以上
点数の合計
  • 【物品】

①+②+④+⑤+⑥の合計

  • 【委託】

①+②+③+④+⑤+⑥の合計

客観的審査事項による等級

70点以上・・・・A

40点以上70点未満・・・・B

40点未満・・・・C

↑目次に戻る

格付表

事務用品・什器関係

客観数値

(点数の合計)

主観数値

(営業種目別売上高)

等級
(ランク)

 70点以上1億円以上

40点以上70点未満3000万円以上1億円未満
40点未満3000万円未満

客観数値と主観数値の低いほうが御社のランクになります。

繊維・雑品関係

客観数値

(点数の合計)

主観数値

(営業種目別売上高)

等級
(ランク)

 70点以上2億円以上

40点以上70点未満3000万円以上2億円未満
40点未満3000万円未満

客観数値と主観数値の低いほうが御社のランクになります。

機械・資材関係

客観数値

(点数の合計)

主観数値

(営業種目別売上高)

等級
(ランク)

 70点以上3億円以上

40点以上70点未満3000万円以上3億円未満
40点未満3000万円未満

客観数値と主観数値の低いほうが御社のランクになります。

印刷関係

客観数値

(点数の合計)

主観数値

(営業種目別売上高)

等級
(ランク)

 70点以上2億円以上

40点以上70点未満3000万円以上2億円未満
40点未満3000万円未満

客観数値と主観数値の低いほうが御社のランクになります。

給食業務・情報処理業務・その他業務関係

客観数値

(点数の合計)

主観数値

(営業種目別売上高)

等級
(ランク)

 70点以上3億円以上

40点以上70点未満5000万円以上3億円未満
40点未満5000万円未満

客観数値と主観数値の低いほうが御社のランクになります。

清掃・警備・保守管理及び調査業務関係

客観数値

(点数の合計)

主観数値

(営業種目別売上高)

等級
(ランク)

 70点以上3億円以上

40点以上70点未満1億円以上3億円未満
40点未満1億円未満

客観数値と主観数値の低いほうが御社のランクになります。

建物清掃・賃貸業務関係

客観数値

(点数の合計)

主観数値

(営業種目別売上高)

等級
(ランク)

 70点以上5億円以上

40点以上70点未満1億円以上5億円未満
40点未満1億円未満

客観数値と主観数値の低いほうが御社のランクになります。

↑目次に戻る

今すぐにでも東京都の入札参加資格が欲しい方へ

特徴

  1. 「東京都の入札参加資格申請」「東京都内市区町村の入札参加資格申請」の手続きについて、精通しています。
  2. 京都府・和歌山県・兵庫県など地方の事業者さまからも、東京都入札参加資格申請のご依頼を頂いております。
  3. 税理士、社労士、行政書士の先生方から、お客様をご紹介していただくこともあります。

料金表(税抜表示)

電子証明書・ICカードリーダ

代理申込+代理受領

 

¥30000

東京都入札参加資格を申請するための

パソコンの設定(日当分)

 

¥20000

東京都への入札参加資格申請

電子申請+必要書類の郵送

 

¥100000

※電子証明書とICカードリーダの購入費用については、別途、民間認証局(購入先)にお支払い頂くことになります。

上記に含まれるサービス内容

  • 東京都の入札参加資格申請に必要な「電子証明書+ICカードリーダ」を、御社に代わって申込み代理人として受領いたします。
  • 入札参加資格申請を行うには、パソコンの設定が必須です。御社に伺って、ソフトのインストールなど、パソコンの設定を行います。
  • 御社に代わって、弊所のパソコンを使用して、必要事項を入力し、東京都への電子申請を代理で行います。
  • 登記簿謄本や財務諸表など、郵送が必要な書類については、弊所が御社に代わって、都庁に郵送いたします。
  • 入札参加資格が承認されるまでスケジュール管理を行います。受付票や結果通知書が発行されるまで責任を持って対応いたします。

事前相談ご希望の方へ~初回相談料についてのご案内

入札に関する手続きをお願いしたいけど、事前に相談したいことがあるという方は、いらっしゃいませんか?

  • 全体の流れを理解したい
  • 必要書類を事前に教えて欲しい
  • 実際に会って、話を聞いてみたい

といったご要望がある方もいらっしゃるかもしれませんね。弊所では、そんな方のために、事前の有料相談を実施しています。相談をご希望の方は、事前にご連絡をください。相談日時を調整させていただきます。相談日の前日までに、指定の口座に相談料をお振込み頂いてから、弊所にて1時間程度の相談を実施させていただきます。

事前相談料(要予約)


手続きに関する事前相談をご希望の方のために「弊所にて」「1時間程度」「有料の事前相談」を承っております。

¥11、000/1時間

ご依頼・お申込みは、こちらのメールフォームから

東京都の入札参加資格申請のご依頼や、全省庁統一資格についてのご相談は、すべて下記メールフォームから承っています。

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

(例:東京都入札:全省庁統一資格)

(例:物品:委託:役務の提供:公共工事)

(例:○○株式会社)

(例:東京都〇〇区)

(例:山田太郎)

(例:03-0000-0000)

(例:sample@yamadahp.jp)

書籍出版のご案内

今だからこそ見て欲しい!!
「絶対!役に立つ!」ノウハウ動画

YouTubeチャンネルでの手続き解説

横内行政書士法務事務所では、「行政書士横内賢郎×YouTube×手続き解説=横内ゼミ」と題して、YouTubeチャンネルを開設しています。

この「横内ゼミ」(YouTubeチャンネル)では、東京都入札参加資格申請については、もちろんのこと、全省庁統一資格を申請する際のポイントや注意点など、これから入札を始めようとしている会社が必要とする様々な手続きについて、解説しています。

ぜひ、視聴してみてください。

東京都の入札参加資格申請について
「もっと理解を深めたい!!」という方は
下記の3つを、お勧めします。

1.【動画】入札参加資格申請解説

横内行政書士法務事務所の専門業務である入札参加資格申請について、26本の動画にまとめました。どの動画も1分程度で視聴できます。すべて閲覧して頂いても30分程度です。ぜひ、閲覧してみてください。

2.【メール講座】東京都入札参加資格申請

東京都の入札参加資格を申請するには、どうすればよいか?について、知識が全くない人のために、3日間の無料メール講座を用意しました。手引きを読むことが面倒くさい!手っ取り早く全体を理解したい!という方にお勧めのメール講座です。

3.【メール講座】全省庁統一資格申請

東京都の入札参加資格を取得したら、次は、国の機関(全省庁)への入札を検討してみてはいかがでしょうか?東京都と国では、入札のルールやシステムがまったく異なります。このメール講座では、たったの4日間で、全省庁入札への道を解説いたします。

3.【メール講座】経営事項審査

「物品・委託・役務の提供」と異なり、「公共工事」の入札に参加するには、経営事項審査を受けなければなりません。このメール講座では、経営事項審査について、簡単に分かりやすく解説しています。これから公共工事の入札を検討している方にお勧めです。

弊所にお越しの方はこちら

東京都文京区小石川1-3-23ル・ビジュー601