東京都入札参加資格申請なら、行政書士法人スマートサイドへ。電子証明書取得~パソコン設定~申請代行~書類郵送を一括サポート。

【物品販売.役務の提供.公共工事.全省庁統一資格.都内区市町村】

東京都入札参加資格申請

     東京都入札参加資格申請精通した行政書士事務所です!

     〒112-0002  東京都文京区小石川1-3-23  ル・ビジュー601

営業時間

7:00~15:00
(土日祝を除く)

臨時対応

休日対応いたします。
事前にご連絡下さい。

東京都入札参加資格申請の手続きの流れ

「入札参加資格申請の手続きの流れ」については、分かりづらくてお困りの事業者さまが多いようです。入札参加資格を申請するには、「ただデータを打ち込んで、電子申請をすれば足りる」というわけではありませんね。

まずは、電子証明書・ICカードリーダの取得から始まって、パソコンの設定、システムのインストールを経て、初めて資格申請にたどり着けるわけです。資格申請後にも、必要書類の郵送・承認通知の受取、資格通知書のプリントアウトなど、やることは盛りだくさんです。

このページでは、とりあえず入札参加資格申請の流れを手っ取り早く理解したいという方のために、大雑把に手続きの流れについて解説いたします。細かいところでわからないことがあれば、ぜひ横内行政書士法務事務所にご連絡ください。

入札参加資格申請の手続きの流れ

ここでは「東京都の入札参加資格申請」や「東京都内23区市町村の入札参加資格申請」について、横内行政書士法務事務所にご依頼頂いた場合の手続きのながれについてご紹介いたします。

電子証明書の取得

「東京都」も「東京都内区市町村」も入札の手続きは、電子入札にて行われます。そのため、電子証明書およびICカードリーダを取得していただきパソコンに設定していただく必要があります。

この電子証明書およびICカードリーダの取得は「コアシステム対応認証局」に依頼します。弊所では、日本電子認証株式会社をお勧めしております。わかりやすく言うと、電子証明書やICカードリーダは御社の備品として日本電子認証株式会社から購入していただくというイメージになります。「そんなことはしたくない」といっても入札の事前準備として必ず必要になってくる手続きです。

電子証明書の購入には、カード名義人の住所や生年月日など個人情報に関わる書類(住民票や印鑑登録証明書)の提出が必要になります。

※電子証明書の取得については、手数料が必要です。また電子証明書には有効期限があります。各認証局によって、様々なサービスがありますので、詳しくは、コアシステム対応認証局のホームページを参考にしてみてください。

ソフトウェアのインストール

コアシステム対応認証局の指示に従って、ICカードリーダーの設置や各認証局が提供する専用のソフトウェアをインストールします。このあたりについては、パソコンに詳しい方なら独自にできる方も入らっしゃると思います。

もっとも、弊所では、お客様の会社に訪問して、パソコンの設定なども行いますので、お困りの際にはどうぞ遠慮なくお声がけください。

電子証明書の登録

東京都内区市町村の入札参加資格を取得したい場合には、「共同運営電子調達サービスサイト」に、東京都の入札参加資格を取得したい場合には、「東京都電子調達システム」にアクセスをしていただき、STEP1で認証局から取得した電子証明書を登録します。

この登録については、事前準備や注意事項がありますので、サイト内の記載を良く確認しながら行ってください。また、STEP2と同様、幣所にご依頼いただければ、御社まで伺って、お客様立ち会いの下パソコンの設定をさせていただきます。

横内行政書士法務事務所への代理権の委任

電子証明書を登録したパソコンを使って、幣所への代理権の設定を行っていただきます。通常の申請であれば、紙の委任状を頂くところですが、電子申請の場合には、代理権の設定もパソコン上で行うことになります。

私の方から、行政書士用シリアル番号もしくは行政書士番号をご案内いたします。その番号を入力し「進む」ボタンを押すと、代理権が発生します。この代理権によって、御社のパソコンからではなく、弊所のパソコンを使って、申請データの入力や申請データの送信ができるようになります。

ヒアリング・申請データの入力

公共工事の入札参加資格申請であれば、過去の公共工事の実績や工事ごとの売上高を、物品買入れ等の入札参加資格申請であれば、過去の入札実績や、本年度の営業品目ごとの売上高を詳細にヒアリングします。

その他には、法人税や法人事業税の額、従業員の人数、社会保険への加入の有無など、ヒアリング事項は多岐にわたります。金額や数字に誤りがあっては困るため、メールでのやり取りを中心に行います。上記でヒアリングした情報を、申請プログラムに入力していきます。

申請データの送信、必要書類の郵送

入力に誤りがないかを最終確認し、申請データを送信いたします。

電子申請とはいうものの、書類の提出が必要な場合があります。その際には、必要書類を揃えて、申請先に郵送いたします。

入札参加資格申請の承認・資格適用

STEP6での「申請データの送信、必要書類の郵送」を終え、申請が承認されれば、無事、入札参加資格の適用となります。適用開始年月日は、承認時期によってことなります。また資格は1度取ったら永遠に有効というものではありません。

東京都の場合は、少なくとも2年に1回。東京都内区市町村の場合には、1年に1回の更新手続きが必要になってきます。

 

以上が、入札参加資格申請の大まかな流れになっております。

入札参加資格申請がよくわからない理由について

「入札参加資格申請って、どうもよくわからない」と感じる方は、多いですね。正直言うと、行政書士であるこの私も最初のうちは、さっぱりわからず苦労いたしました。

入札参加資格申請といっても、「全省庁統一資格」「東京都」「東京23区市町村」「その他の県や市」などといったように自治体の数だけ申請の種類があるわけです。しかも、「全省庁統一資格」の有効期限は3年、「東京都」は2年、「東京23区市町村」は1年8カ月といったように資格の有効期間が異なります。また、定期受付・随時受付どっちに申請すればよいのか?申請先はどこなのか?いつから資格を持つことができるのか?についても、全く異なってきます。

さらに、電子証明書の準備は、東京都や区市町村といった役所とやりとりするわけではなく、別途「コアシステム対応認証局」といった聞きなれないところとやりとりをすることになります。

さて、これだけのことを事前に調べて自社で処理しようとなると、時間がいくらあっても足りませんね。また、万が一、「間違えてしまった」「申請期限に間に合わなかった」などという事態になってしまったら、せっかくの苦労も水の泡ですね。

このような「自分でやれば、やれなくもないけれど、その為に費やす時間と労力がもったいない事」に関しては、申請のプロフェッショナルである行政書士に外注してみてはいかがでしょうか?

申込書を書いたり、電子証明書を郵便局まで取りにいったり、登記簿謄本を法務局まで取りにいったり、パソコンの設定を時間をかけておこなったり・・・やり慣れない、面倒なことは、すべて横内行政書士法務事務所にお任せいただいて、御社は本業に専念してください。

事前相談ご希望の方へ~初回相談料についてのご案内

入札に関する手続きをお願いしたいけど、事前に相談したいことがあるという方は、いらっしゃいませんか?

  • 全体の流れを理解したい
  • 必要書類を事前に教えて欲しい
  • 実際に会って、話を聞いてみたい

といったご要望がある方もいらっしゃるかもしれませんね。弊所では、そんな方のために、事前の有料相談を実施しています。相談をご希望の方は、事前にご連絡をください。相談日時を調整させていただきます。相談日の前日までに、指定の口座に相談料をお振込み頂いてから、弊所にて1時間程度の相談を実施させていただきます。

事前相談料(要予約)


手続きに関する事前相談をご希望の方のために「弊所にて」「1時間程度」「有料の事前相談」を承っております。

¥11、000/1時間

ご依頼・お申込みは、こちらのメールフォームから

東京都の入札参加資格申請のご依頼や、全省庁統一資格についてのご相談は、すべて下記メールフォームから承っています。

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

(例:東京都入札:全省庁統一資格)

(例:物品:委託:役務の提供:公共工事)

(例:○○株式会社)

(例:東京都〇〇区)

(例:山田太郎)

(例:03-0000-0000)

(例:sample@yamadahp.jp)

書籍出版のご案内

今だからこそ見て欲しい!!
「絶対!役に立つ!」ノウハウ動画

YouTubeチャンネルでの手続き解説

横内行政書士法務事務所では、「行政書士横内賢郎×YouTube×手続き解説=横内ゼミ」と題して、YouTubeチャンネルを開設しています。

この「横内ゼミ」(YouTubeチャンネル)では、東京都入札参加資格申請については、もちろんのこと、全省庁統一資格を申請する際のポイントや注意点など、これから入札を始めようとしている会社が必要とする様々な手続きについて、解説しています。

ぜひ、視聴してみてください。

東京都の入札参加資格申請について
「もっと理解を深めたい!!」という方は
下記の3つを、お勧めします。

1.【動画】入札参加資格申請解説

横内行政書士法務事務所の専門業務である入札参加資格申請について、26本の動画にまとめました。どの動画も1分程度で視聴できます。すべて閲覧して頂いても30分程度です。ぜひ、閲覧してみてください。

2.【メール講座】東京都入札参加資格申請

東京都の入札参加資格を申請するには、どうすればよいか?について、知識が全くない人のために、3日間の無料メール講座を用意しました。手引きを読むことが面倒くさい!手っ取り早く全体を理解したい!という方にお勧めのメール講座です。

3.【メール講座】全省庁統一資格申請

東京都の入札参加資格を取得したら、次は、国の機関(全省庁)への入札を検討してみてはいかがでしょうか?東京都と国では、入札のルールやシステムがまったく異なります。このメール講座では、たったの4日間で、全省庁入札への道を解説いたします。

3.【メール講座】経営事項審査

「物品・委託・役務の提供」と異なり、「公共工事」の入札に参加するには、経営事項審査を受けなければなりません。このメール講座では、経営事項審査について、簡単に分かりやすく解説しています。これから公共工事の入札を検討している方にお勧めです。

弊所にお越しの方はこちら

東京都文京区小石川1-3-23ル・ビジュー601